株式会社ヤナセウェルサービス様:車整備用備品、販売促進商品などの販売 |
Web受発注システム・ECサイト構築(BtoB)「アラジンEC」

0120-356-932 Web会議でのご相談も可能!
資料請求・お問合せ

導入事例

Case Study

「アラジンEC」をご利用いただいている
企業様の声

ヤナセウェルサービス 様

製造・流通
入力業務の負荷軽減 営業の業務負荷軽減
株式会社ヤナセウェルサービス様 事例

販売管理システムとグループ内Web購買システムを刷新
複雑な本社会計システムとの連携も実現

ABOUT 外国車・輸入車を販売するヤナセのグループ会社で、ヤナセグループ全体の購買部門にあたるのが、ヤナセウェルサービスだ。全国のヤナセ販売店に、事務用品や自社工場で使用する車整備用備品、販売促進商品など、運営に欠かせない備品全般を提供している。

株式会社ヤナセウェルサービス様 事例
株式会社ヤナセウェルサービス様 事例

グループ内1,000以上の部門から備品を受注
本社の会計システムとの連携がネックに

同社は、全国の販売店をはじめ、グループ内およそ1,000以上の部門からの注文に対応し、仕入、在庫管理、発送手配などを担う。さらに、ヤナセ本社の総務部門に成り代わっての会計処理など、業務に複雑なルールがある。

以前は20年以上前にフルスクラッチで構築した自社の販売管理システムと、Accessの売上管理システム、グループ内のWeb購買システムを利用していたが、それぞれ別会社が構築したものであるに加え、その古さから不便が多かったという。

取締役で営業部部長の舟橋氏は、

「以前の販売管理システムは保守も切れており、不具合があると社員が手作業で修正している状況で、不安定でした」

と振り返る。

株式会社ヤナセウェルサービス様 事例

営業課の小林氏は、

「何千にもおよぶ注文を一手に受けており、間違いなく商品を割り振らないといけないので、膨大な時間が掛かります。売上締日前後の月末・月初は残業もやむを得ませんでした。1台のシステムを交代で利用していたこともあり、非常に非効率的でしたね」

と話す。

しかし、同社の販売管理システムは、本社独自の会計システムと連携する必要があった。その複雑さから、システムの入れ替えはハードルが高かったという。

株式会社ヤナセウェルサービス様 事例

2016年、販売管理システムとWeb受発注システムを1社で提供するアイルに問い合わせた同社。同社独自の商習慣に合わせた販売管理システムと、グループ内購買システムとして利用するWeb受発注システムの構築、加えて、販売管理システムにWeb受発注システムと本社の会計システムを連携できることが分かった。

舟橋氏は、

「当初は自社の複雑な仕組みや、社内担当者はシステムに明るくない者も多いのが不安点でした。複数社と話したなかで、アイルの担当者は要望をシンプルに受け取ってくれ、分かりやすく説明してくれたことに安心しましたね」

と話す。

同年秋、「アラジンオフィス」と「アラジンEC」の導入を決定した。

月末処理時間は1/2になり、残業削減
データの取り出し・追加が容易になり、会計ミスも防止

翌年の2017年冬、両システムが稼働。販売管理システムを「アラジンオフィス」に入れ替え後、売上締日が集中する月末の残業が削減されている。

株式会社ヤナセウェルサービス様 事例

舟橋氏は、

「以前は月末から月初にかけて、1週間ほど受注処理に付きっきりでしたが、現在は月内の3、4日で終えられるようになり、業務時間は1/2になりました」

と話す。

受注業務の時間が半分やそれ以下になった分、他の業務に広く手を出せるようになったという。

安定稼働までの約1年間は、アイル担当者とのディスカッションを重ねたという。

会計業務を担う営業課の河東氏は、

「正直、アイルの担当者と意見がぶつかることもありました。当社では当たり前のやり方が、上手く通じずにもどかしいこともありましたね。当社の会計は非常に細かく複雑で、既存の会計システムとの連携は難しく、アイルさんも理解するのは大変だったと思います。でも、互いに歩み寄ったあの時間があったことで、良いシステムが完成したと感じています」

と振り返る。

現在は会計処理のミス削減や、効率化を実感しているという。

河東氏は、

「システムのデータを容易にExcelへエクスポートできるので、細かく検証しやすくミスの防止につながっています。新商品が増えてもデータの追加がしやすく、各部署の担当者が便利に使えています。『早く帰れるようになった』と喜んでいるのもよく聞きますね」

と微笑んだ。

株式会社ヤナセウェルサービス様 事例

発注担当者もお買い物サイト感覚で操作可能に
売上・在庫状況、実績データの見やすさも好評

以前から、販売店からの注文は、ヤナセグループのWeb購買システムから受けていた。「アラジンオフィス」の導入に伴い、この購買システムも「アラジンEC」に刷新。発注担当者からの評価も上々だという。 舟橋氏は、

「画面が見やすく、お買い物サイト感覚で操作できるので使いやすいようです。さらに、発注側も各商品の売上や在庫状況、自部門が何をどれだけ購入しているかの実績データを見やすいのも良いですね」

と話す。

小林氏は、

「人に優しい操作性やデザインだと思います。グループ内の担当者はITスキルもさまざまですが、皆が同じ土俵に立ち、間違いなく受発注のやり取りができています」

と話す。

さらに、「アラジンEC」はトップ画面へ告知や商品を自由に掲載できるため、

「新商品のお知らせや各課の取り組みなどをアナウンスできるので、グループ内で情報を共有できるのが助かっています」

と続けた。

サポートダイヤルは「笑顔を感じる対応」
ディスカッションを重ね、アイルの自社理解度は100%

アイルの対応についても、

「サポートフリーダイヤルはいつ何度掛けても、明るく応対してくれます。電話なので顔は見えませんが、笑顔を感じますね。システムは機能性に加えて、そこに付随する担当の方々の対応力が重要だと思います。当社の業務は難しい部分も多かったと思いますが、現在アイルさんの理解度は100%だと言えます」

(小林氏)と話す。

河東氏は、

「土曜日に急遽問い合わせた際も、窓口の方がスムーズに応対してくれました。さらに週明け、専任担当の方からも『大丈夫でしたか』と改めて連絡をもらい、アイルさん内で情報を共有し合って丁寧に対応してくれたことが嬉しかったですね」

と語った。

全国に上質な車と、車のある豊かな暮らしや夢を提供し続けているヤナセグループ。ヤナセウェルサービスは、その基盤を支えている。さらに同社の基盤を支えるアイルとともに、今後もグループ全体の円滑な業務をサポートし続けていく。

株式会社ヤナセウェルサービス様 事例

※記事中の固有名詞・肩書などは、記事作成当時のものです。

株式会社ヤナセウェルサービス様 事例
会社概要
  • 会社名

    株式会社ヤナセウェルサービス

  • 代表者

    田中滋二

  • 所在地

    東京都港区芝浦一丁目6-38

  • URL

    https://www.yanase.co.jp/

SOLUTION

よくある課題

BUSINESS

業種別

CONTACT お気軽にお問合せ下さい
0120-356-932

[受付時間]10:00〜12:00 / 13:00〜17:30(土日祝除く)

資料請求・お問合せ お問合せフォーム
オンライン提案 Web会議での相談も承っています。 申込みフォームへ

株式会社ヤナセウェルサービス様(スキン・ボディケア商品の輸入・製造販売)のシステム導入事例|BtoB ECカスタマイズ型パッケージ・Web受発注システム「アラジンEC」
5000社以上のBtoBノウハウで企業間の受発注業務に特化した貴社専用のECを構築することが可能です。受発注業務の効率化・コスト削減・販売促進など様々なシーンでご利用いただけるBtoB ECカスタマイズ型パッケージ・Web受発注システムです。