受発注DXセミナーレポート公開!(DX 総合EXPO 2024 【夏】 東京) |
BtoB EC・Web受発注システム「アラジンEC」

専門チームに相談 資料請求

イベント詳細

Event

アイルが参加するイベント情報

Web受発注システム・ECサイト構築(BtoB)「アラジンEC」 > イベント情報 > 受発注DXセミナーレポート公開!(DX 総合EXPO 2024 【夏】 東京)

受発注DXセミナーレポート公開!(DX 総合EXPO 2024 【夏】 東京)

イベント
関東
【DX 総合EXPO 2024 夏 東京】セミナーレポート

受発注DXセミナーレポート公開!(DX 総合EXPO 2024 【夏】 東京)

今回は「DX 総合EXPO 2024 【夏】 東京」のセミナーレポートとして、6月12日(水)15:00~15:40と、6月13日(木)14:00~14:40に行われました受発注DXセミナーの様子をご紹介します!

6月12日(水)セミナー内容

有りそうで無かった「問合せ業務負荷削減」の具体的&効果的な実現方法

  1. DXレポートに基づく企業が取り組むべきアクション
  2. 日本の企業間取引(BtoB)の現状と問題点
  3. デジタル化の具体的な方法と仕組みについて
  4. 業務プロセスの再設計を実施し業務改善DXを実現した成功事例

弊社江原より上記4つのアジェンダでご紹介いたしました。

【DX 総合EXPO 2024 夏 東京】セミナーレポート


2022年に4回目の公開となる経済産業省が提示した「DXレポート2.2」では、「IT投資の目的の中心はまだ業務効率化にある」「DXの取り組みをしている企業は多いにもかかわらず成果がでている企業は少ない」「具体的なアクションがまだわからない企業が多い」とDXについて課題が書かれています。

このDXレポートが公開されて2年経つものの、この課題はほとんど変わっていません。DXという大きなテーマにおいて成果を出していくためには、もっと現場に根差した身近なDX成功から大事すべきだと私たちは考えています。

また、DXレポートには企業が直ちに取り組むべきアクションとして「業務プロセスのデジタル化」「顧客接点のデジタル化」を行い「業務プロセスの再設計」していくことがポイントであると記載があります。

そこで今回のセミナーでは、未だにアナログ業務が多く存在している「受発注業務」をデジタル化していくための具体的なアクションをご紹介しました。「受発注業務」のDXこそ「業務プロセスの再設計」に最適ではないでしょうか。

【DX 総合EXPO 2024 夏 東京】セミナーレポート

Web受発注システム・BtoB EC「アラジンEC」導入により、受発注DXを実現された企業様を実名にて3社ご紹介。そしてアラジンECをイメージしていただきやすいように、製品デモ画面をご紹介しました。

今回のセミナーが多くの企業の受発注業務のDXに繋がっていただけたら幸いです。

6月13日(木)セミナー内容

製造業・卸売業の荷主必見!物流リスク対策と受注&出荷DX

  • 荷主が考えておきたい3つのポイント
    1. 荷主の課題でもある
    2. 課題を備える自衛策
    3. 基盤の整理

    弊社松岡より上記3つのアジェンダでご紹介いたしました。

    【DX 総合EXPO 2024 夏 東京】セミナーレポート

    2024年4月から適用されたトラックドライバーの労働時間制限は物流会社だけでなく卸売業・製造業にも波及しています。全国で35%の荷物運送に支障が出ると試算される中、その「物流の2024年問題」に焦点を当て、今回は取引先へ確実な配送を実現する荷主の対策と押さえるべき3つの重要ポイントを解説しました。

    現状の働き方と働き方改革関連法が目指す働き方に大きなギャップがあるなかで、運送会社だけの問題に留まらず、「モノを運んでもらえない」という荷主が選別される時代が目の前に来ており、荷主側も協力しなければならない問題となっています。

    そこで荷主側ができることとして、早めに集荷を終わらせて出荷に備える「荷待ち時間の削減」と集荷までを時短し出荷作業を早める「集荷時間の前倒し」の2点が重要とされますが、そのためには受発注システムを導入することが効果的だと考えています。

    受注や問合せ業務のほとんどをシステムで対応することで、出荷作業を早めるだけではなく「生産性の向上」「コスト削減」「社員定着」に繋がります。

    実際にアラジンECを導入している多くの企業様にも効果を実感していただいております。

    また最後には現状の基幹システム(販売管理)の見直し・連携によって、更なる業務効率化が図れることをご説明しました。問題に備え、基盤を整えることで「選ばれる荷主」になっていくことができるのではないでしょうか。

    最後に

    2日間とも立ち見が出るほど多くの方にご覧いただき嬉しい限りです。

    「物流の2024年問題」においても、受注業務のDXが効果的であることをお話させていただきましたが、Web受発注システム・BtoB EC「アラジンEC」に対し高いご関心を寄せていただけていることを感じました。

    今回のセミナーが多くの企業様の受発注業務のDX、「物流の2024年問題」の解決に繋がっていただけたら幸いです。

    セミナーにご参加いただいたみなさま、誠にありがとうございました!

    本イベントは終了いたしました。
    ご来場、誠にありがとうございました。

    CASE STUDY

    導入事例

    導入されたお客様の具体的な課題や解決方法、導入後の成果など詳しくお話いただきました。

    SOLUTION

    よくある課題

    BUSINESS

    業種別

    CONTACT お気軽にお問合せ下さい
    0120-356-932

    [受付時間]10:00〜12:00 / 13:00〜17:30(土日祝除く)

    資料請求・お問合せ お問合せフォーム

    「DX 総合EXPO 2024 【夏】 東京」のセミナーレポート|BtoB ECカスタマイズ型パッケージ・Web受発注システム「アラジンEC」
    5000社以上のBtoBノウハウで企業間の受発注業務に特化した貴社専用のECを構築することが可能です。受発注業務の効率化・コスト削減・販売促進など様々なシーンでご利用いただけるBtoB ECカスタマイズ型パッケージ・Web受発注システムです。