従量課金型からの脱却
Web受発注システム提案・解決事例をご紹介

MENUMENU

導入事例

導入事例

注文量が増えるごとに利用料金が上がる従量課金から脱却したい

食品卸売業様

導入前課題

既に導入しているWeb受注システムがありましたが、利用者数や注文ボリュームに応じて利用料が上がる従量課金型のシステムであった為、利用者数が増える毎に利用料も増えていました。
受注代行業者にも委託していましたが、明細単価での利用料計算となる為、繁忙期では業務負荷は軽減されるものの、利用コストが大きな負担となっていました。

従量課金型
導入の効果はこちら

導入の効果

アラジンECでは得意先の登録件数、注文数(金額)に関係なく利用料は一定となります。現行の仕組みとの併用からスタートし、徐々に乗り換え従量課金型のシステムから完全移行をした事例もございます。
月額固定型のシステム導入により、案内をする得意先や登録商品点数などを気にする事なくご活用頂けます。

月額固定料金

その他のシステム提案・解決事例

資料請求・お問い合わせ

資料請求・詳細お問い合わせ・デモ希望など、お気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求・お問い合わせ
事例集ダウンロード

資料請求・お問い合わせは、お電話でも承っております。

お電話での資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP