基幹システム
との連携

既存の基幹システムと
アラジンECの連携について

BtoB EC・ Web受発注システムを導入するにあたり、既存の基幹システムと連携することでより業務効率化の実現が可能です。

既存の基幹システムと連携することのメリット

人為的ミスと業務負荷の
軽減のために

基幹システムとの連携がない場合、Web受発注システム上の商品情報や在庫情報の登録・更新を全て手入力で行なうことになります。

また、注文データに関しては、Web受発注システム経由のデータとそれ以外でのデータをそれぞれ別で集計する手間が発生します。Web受発注システム経由の注文データを基幹システムに取り込むことや、基幹システムの商品・在庫情報をWeb受発注システムに取り込むことで初めて、入力ミスの軽減や本当の業務効率化に繋がります。

入力の手間とマスタ情報の

不整合をなくすために

マスタ情報が連携される仕組みにしなければ基幹システムとWeb受発注システムの両システムにマスタ登録をする必要があります。

入力が二度手間になるだけでなく、入力ミスなどをするとデータの整合性が取れず、業務上での不都合が発生することになります。基幹システムとの連携により、マスタ情報を一元化することで、マスタ情報の不整合やエラーをなくすことができます。

きめ細かな商品案内を

Web受発注システム上でも可能に

得意先別の販売単価(表示単価など)や案内商品も連携出来るため、きめ細かな案内が可能になります。

各必要情報の連携によって、
無駄なく効率的に

基幹システム連携は必要ですが、
実は色々な注意点があります。

連携する際の注意点

仕様の正確性

仕様の正確性

BtoB EC・Web受発注システム側と基幹システム側との連携仕様を正確に確定させるための知識とノウハウが重要になります。

各情報の整合性

受注・出荷・在庫データや商品・得意先マスタなど、各情報の項目や桁数などの整合性が重要になります。

連携方法とルール決め

連携方法(CSV・APIなど)や、連携(情報更新)タイミングはどうするかなどの事前のルール決めが重要になります。

基幹システム連携を進める際の
ポイント

  • POINT1
    理解と分析

    企業様毎の商習慣や業務内容、業務フローをしっかり分析・理解をしていないと、Web受発注システムの目的が単なる「Web上から注文入力してもらうサイト作成」に止まり、本来の目的である、業務効率化やミスの軽減が無視されてしまうことにもなりかねません。

  • POINT2
    導入・関連企業の
    コントロール

    一般的に、システム導入企業、Webシステム会社、基幹システム会社の3社が登場することになるため、そのコントロールができるWebシステム会社かが重要になります。 また、そのWebシステム会社が基幹システムをどれだけ認知・理解しているかも重要なポイントです。

  • POINT3
    データ連携ルールの作成

    データ連携と一言に言っても、ファイル形式の取り決めやデータ項目の内容、各項目文字列や桁数のルール、連携方法ルールの取り決めなど、細かな擦り合わせが重要になります。

  • POINT4
    テストと各社の
    コントロール

    システム連携テストの際、テストの段取りやテスト結果の共有とプログラム修正の有無などの各社コントロールと、 不具合発生時の責任所在のルールや修正対応に伴う情報共有なども重要になります。

基幹システムとの連携は結構大変です。

ですが、アイル(アラジンEC)ならスムーズな連携が可能です!

なぜスムーズな連携ができるのか

アイルは基幹システム「アラジンオフィス」を自社で28年以上開発・サポートしてきたノウハウがございます。

Webの知識だけではなく、業務全体のフローを理解しているため貴社が現状利用している基幹システムとスムーズな連携が可能です。

アラジンECを利用することのメリット

基幹システムを提供している他社との打ち合わせがスムーズ!

アラジンECと貴社の基幹システムに入っているマスタなどの情報を統合させるため、何度も入念なお打合せが必要です。 販売管理・在庫管理システム「アラジンオフィス」のノウハウで、貴社が利用している基幹システムとの連携をスムーズに行うことが可能です。

アラジンEC・アラジンオフィスをセットで利用することの
メリット

アラジンEC・アラジンオフィスをセットでのご提案が可能!

アラジンECとアラジンオフィスの連携が標準機能として開発されていることが最大のメリットです。 すべてアイル社内でのやりとりとなるため、他社の基幹システム会社とお打合せする必要がございません。 そのため、スムーズな連携が可能です。

連携後も何かトラブルがあった際に窓口1本!

何かトラブルがあった際にBtoB EC・Web受注システム会社か基幹システム会社どちらに問い合わせるのか迷うことがございません。 アイルにお問い合わせいただければ関係者に共有し素早い対応が可能です。

アラジンEC・アラジンオフィスの詳細はこちら

導入事例

BtoB EC・Web受発注システム「アラジンEC」をご利用いただいている企業様の「導入前の課題」や「導入後の効果」の生の声をいただきました。

導入事例はこちら