他社との差別化
について

他社との差別化についてよくある課題

「他社に顧客が奪われている」「顧客の囲い込みがしたい」などのお悩みを解決いたします。

    同業他社がWeb受注システムを開始したことで顧客が奪われている

  • 課題

    競合の同業他社がWeb受注システムを始め、自社の顧客が流出してしまいました。また、新規商談においても「Web受発注の仕組みがないのか?」と商談先で聞かれる事もあり、Web受注システムを差別化ツールとして活用している競合に対し遅れを取り、競合他社にて顧客の囲い込みが進んでしまっていました。

  • 解決

    自社BtoB EC・Web受発注システムを導入するにあたり、後発であることも意識し、ユーザー目線の「より使い易く、便利なシステム構築」に拘り構築しました。これにより、自社でも新規顧客の獲得ツールとして活用し、自社製品価値にプラスαの商談効果をもたらしています。 また、その利便性から顧客の囲い込みにも繋がっており、自社・得意先双方のニーズにマッチしたシステム導入を行うことができました。