人手不足の原因と対策は?卸売業界におすすめの解消ツールと事例 |
Web受発注システム・ECサイト構築(BtoB)「アラジンEC」

Web会議でのご相談も可能!
資料請求・お問合せ

お役立ち情報

Information

アイルが提供するお役立ち情報

Web受発注システム・ECサイト構築(BtoB)「アラジンEC」 > お役立ち情報 > 人手不足の原因と対策は?卸売業界におすすめの解消ツールと事例

人手不足の原因と対策は?卸売業界におすすめの解消ツールと事例

お役立ち情報
人手不足の原因と対策は?卸売業界におすすめの解消ツールと事例

少子高齢化により年々人手不足は深刻化しています。人手不足を解消するためには、深刻な状況に陥る前に対策を打ち、人手不足に対応できる環境を整えておく必要があります。

そこで今回は、人手不足の原因を踏まえたうえで、人手不足の解消法や卸売業界におすすめの対策ツールについて解説します。人手不足を解消した成功事例もご紹介するので、自社・事業部が人手不足で悩んでいる卸売業界の企業は、ぜひ参考になさってください。

人手不足の現状

パーソル総合研究所・中央大学「労働市場の未来推計2030」によれば、2030年には644万人もの人手不足になると予測されています。さらには、採用の難度が上がることにより賃金も上昇し、2017年に1,835円だった実質賃金(時給)が、2030年には2,096円に上がるだろうと書かれています。

どの業界でも、これからもどんどん加速していくであろう人材不足への対策は必要不可欠でしょう。

人手不足の原因

人手不足の原因

人手不足の主な原因は、少子高齢化に伴った労働人口減少です。そこから派生して採用コストの高騰が起こっており、規模の小さい企業だと長期間の採用活動が行えず、結果的に新規採用ができないというケースも出てきました。

また、2020年以降は新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大により、外国人人材や研修生の入国が著しく減少したことも影響しています。

人手不足な業種

どの業種も全体的に人手不足ではありますが、パーソル総合研究所・中央大学「労働市場の未来推計2030」によると、飲食業などのサービス業、医療・福祉、卸売・小売、製造業が特に人手不足になると予想されています。上記の業界に属する企業の方の中には、すでに人手不足を実感している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人手不足な企業規模

企業規模でみると、特に人材不足なのは300人未満の中小企業です。ネームバリューがあり安定している大手企業は求職者からの応募が増加傾向にあり、そのしわ寄せが中小企業に来ています。

300人未満の中小企業は日本企業の99.7%とほとんどの割合を占めているため、ほぼすべての企業が人手不足による採用難に苦しんでいる状況といえます。

人手不足を解消するための対策

ほとんどの企業が人材確保に苦戦しているなか、人材不足を解消するにはどうすれば良いのでしょうか。人手不足を解消する対策をご紹介します。

採用の強化

当然ながら、採用して人員を増やせば人手不足を解消できます。自社の強みや条件、採用ターゲットを見直すことで、自社に合った人材を獲得しやすくなるかもしれません。

ただ、自社や同業種だけが人手不足なら採用強化の効果は出やすいですが、現在は労働人口が減少していてどの業種も人手不足な傾向にあります。安定している大手企業や好待遇の企業以外は採用のハードルが高く、あまり高い効果は見込めません。

外部リソースの活用・協業

外部リソースの活用・協業

自社での採用が難しければ、外部企業の力を借りて外部リソースを活用することで人材不足に対処できます。繁忙期などピンポイントでの活用も可能で、臨機応変な人材拡充ができることがメリットです。

デメリットは、外注費に加えて、レギュレーション作成などオペレーションを整えるマネジメントコストがかかることです。アウトソースする外部スタッフに作業内容の詳細や意図が正確に伝わっていないと、想定と異なる仕上がりになったり進捗状況に遅れが発生したりするリスクがあります。

業務改善による効率化

業務効率化・生産性向上により業務量を減らすことで、増員をせずとも現在の人員で対応できる状態に改善する方法もあります。人材コストを増やさずに人材不足を解消できるため、最も理想的な手段だと言えます。

特に業務のデジタル化は生産性を上げ、従業員満足度を高めやすくおすすめの対策方法です。ただ、すでに人材不足な状態で業務の見直しを行うのはハードルが高く、なかなか着手できない企業が少なくありません。意識しないと後回しにしがちなので、業務改善を行う担当者とスケジュールを確保してから計画的に取り組みましょう。

業務改善とは?目的や方法、改善事例をご紹介
業務改善とは?目的や方法、改善事例をご紹介
業務改善の方法や、卸売業における受発注業務の改善事例をご紹介します。社員の残業や休日出勤、顧客からの商品に対するクレームなどでお悩みの方はぜひご参考にしてください。

労働環境の改善

長時間労働をしていたり低賃金であったりと、労働環境や条件に課題がある企業や部署は離職率が高く、人材不足に陥りがちです。人材不足の原因になっている労働環境・条件を是正して定着率を高めることで、人材不足を解消できる可能性があります。

現在の離職率が高いのであれば「何が従業員の不満になっているか」という原因をまず把握しましょう。長く勤務する従業員が増えるほど生産性が上がり、限られた人員でもより多くの業務を回せるようになります。現在の人員でも問題なく対応できるようにすることで、人材不足を解消できます。

多様な働き方への対応

柔軟な働き方ができる労働環境を整えれば採用ターゲットが増え、他社が採用しない人材を採用できるようになります。テレワークに対応したり、育児・介護しながらでも働きやすいフレキシブルな労働環境にしたりするのがおすすめです。

こうした柔軟な労働環境を作るには、誰でも対応できる「属人化しない働き方」を整える必要があります。システムを活用して業務を標準化するなどして、属人化を防ぎましょう。

属人化を解消するには?デメリットと原因・対策まで解説
属人化を解消するには?デメリットと原因・対策まで解説
属人化が発生している企業に向けて、属人化の概要とメリット・デメリット、属人化する原因、そして属人化を解消する方法まで解説します。

卸売業界の人手不足対策にはWeb受発注システムがおすすめ

人材不足に悩んでいる企業は、業務のデジタル化で効率化を促し、人材不足を解消することが可能です。

卸売業などに人気のデジタルツールは、受発注業務の効率化に大いに役立つ「Web受発注システム」です。ここでは、Web受発注システムが人手不足対策におすすめの理由を解説します。

業務の効率化・標準化

Web受発注システムであれば、工数がかさみ時間がかかりがちな受発注業務をデジタル化・自動化でき、業務効率が上がります。さらにシステムを導入することで標準化できるため、属人化を防ぎ誰でも担当できるようになり、分業しやすくなるのもメリットです。

長時間労働からの脱却

長時間労働からの脱却

取り扱っている商品が多く複雑なセット販売をしていたり、取引先が多くたくさんの受注を受けていたりする企業は、受発注業務の負担がかなり大きくなります。Web受発注システムを導入して業務をデジタル化すれば、これまで受発注業務に時間がかかっていた企業は労働時間が大幅に削減され、長時間労働から脱却して残業代も削減できるでしょう。

生産性の向上

受発注システムによる業務の効率化・標準化は従業員の生産性を上げ、長時間労働からの脱却を促します。結果的に営業効率が上がって売上が伸びたりコストを減らせたりして、利益率がアップするでしょう。利益率が上がれば給与を上げやすくなり、低賃金の是正にもつながります。

テレワークに対応

受発注システムにより受発注業務をデジタル化すれば、担当者が出社せずとも業務を行えるようになります。特にFAXや電話などアナログでの受発注が多い企業は大幅な業務改善になります。ネット環境があればオンライン上でいつでも対応できるようになり、テレワークの実現にも寄与するでしょう。

FAX受注はテレワークに不向き?FAX受注業務を効率化するメリットと方法
FAX受注はテレワークに不向き?FAX受注業務を効率化するメリットと方法
テレワークがニューノーマルな働き方として浸透・定着する時代は、ビジネスのオンライン化が必要不可欠になるでしょう。テレワークの妨げになるアナログなFAX受注業務は改善すべきです。

ペーパーレス化・SDGsへの貢献

受発注システムは紙を消費するアナログ業務から脱却するために有用なツールです。近年、ペーパーレス化などSDGsへの取り組みが重視されるようになりました。

このような取り組みは企業ブランディングにも直結します。優秀な人材ほどCSR活動などのSDGsへの取り組みを意識する傾向があり、採用活動を強化するうえでも欠かせないため、なるべく早く着手し発信していくのが望ましいでしょう。

企業がペーパーレス化を進める方法、メリット・デメリットと成功事例を解説
企業がペーパーレス化を進める方法、メリット・デメリットと成功事例を解説
ペーパーレス化のメリットとデメリットや推進する際のポイント、BtoB ECシステムでペーパーレス化する方法、さらに成功事例まで解説します。
SDGsへの取り組み方や実例、中小企業が取り組むメリットをご紹介
SDGsへの取り組み方や実例、中小企業が取り組むメリットをご紹介
これからSDGsに取り組みたい企業に向けて、SDGsに取り組むメリットやスムーズな取り組み方、取り組みを成功させるポイントや具体例をご紹介します。

人手不足の解消事例

ここでは、Web受発注システム「アラジンEC」の導入により、人的リソースの削減に至った企業の事例をご紹介します。人手不足の成功事例としてぜひ参考になさってください。

個別対応を自動化し、人員を増やさずに売上増へ

ティーアンドエス様 事例

スーツケースやキャリーバッグのメーカーである株式会社ティーアンドエス様は、企業の成長に伴って出荷量が増え、人員を増やすことで受発注業務を回していました。そこで「今の人数のまま、いかにして売上を上げていくか」を考え、アラジンECを導入したのです。

導入後は取引先に適した商品の個別表示や、上代と実際の販売価格の両方を表示するなどして、取引先が発注しやすい情報を提示できるようになりました。個別で問合せに対応する手間が削減されると同時に、顧客満足度の向上につながり、売上アップに貢献しています。

また、出荷後に電話やFAXで受け付けていた送り状番号の問合わせ対応が、アラジンECのシステム上で注文履歴から確認できるようになり、双方の確認の手間を減らしました。こうした業務効率化により限られた人員でも質の高いサービスが提供でき、人材不足を解消しています。

株式会社ティーアンドエス様:スーツケースやキャリーバッグの企画製造
株式会社ティーアンドエス様:スーツケースやキャリーバッグの企画製造
株式会社ティーアンドエス様(スーツケースやキャリーバッグの企画製造)のBtoB ECカスタマイズ型パッケージ・Web受発注システム導入事例。販売管理システムとBtoB専用ECのスムーズな連携により、二重入力作業が解消 データを生かし、各業務を改善して.....

アナログ受注をEC受注にし、月40時間の残業が0に

スキンケアブランドとヘアケアブランドの代理店で、商品を小売店などに卸しているコンフォートジャパン様は、受注の99%がFAX注文でした。そのため受発注業務の人的負担が大きく、入力ミスや誤読などが起きていたのです。

そこでアラジンECを導入して業務のデジタル化を行った結果、得意先の約90%がEC注文に移行。受注内容の手入力が不要になり、受注担当者の数は半分にまで減りました。月に30~40時間もあった残業時間はほぼゼロになり、人員と残業代の両方を削減することに成功しています。

月2%程度の割合で起きていた出荷ミスもなくなり、顧客満足度の向上はもちろん、ミスやクレームに対応する工数も減らせました。このようにBtoB ECによる業務効率化で担当者の数を減らせれば、人材不足にも対応できるでしょう。

株式会社コンフォートジャパン様:化粧品の製造・販売および輸出入
株式会社コンフォートジャパン様:化粧品の製造・販売および輸出入
株式会社コンフォートジャパン様(化粧品の製造・販売および輸出入)のBtoB ECカスタマイズ型パッケージ・Web受発注システム導入事例。美容サロン・代理店からのFAX注文を、約90%EC化。BtoB・BtoCの全チャネルを一元管理

BtoB EC「アラジンEC」で人材不足を解消

BtoB EC「アラジンEC」で人材不足を解消

人材不足の解消法はいくつかありますが、BtoB ECを導入すれば受発注業務を効率化でき、限られた人員で対応できるようになります。人材確保する採用力や人員拡充する予算が確保できない場合は、まずはこのような業務改善から着手するのがおすすめです。

アラジンECは企業間取引に特化したBtoB ECなので、さまざまな業界・業種の商取引に対応する機能が標準搭載されていて、開発コストや開発納期を最小限に抑えられます。さらに5,000社以上の豊富な基幹システムの導入実績と知見を活かし、各企業に合わせて柔軟なカスタマイズが可能です。現在利用している業務システムとの連携に対応していて、導入企業様ごとの専属チームによるサポート体制も整っているので、現在のシステムを生かしつつ担当者が無理なく運用できるようご提案いたします。

業界特有の商習慣に詳しい担当者が業務フローをヒアリングしたうえで課題を分析し、人材不足の解消となるようにカスタマイズして提供できることも大きな強みです。使いやすさと便利さを両立する最適な提案を行いますので、人材不足による業務負荷にお悩みの方は、ぜひこの機会にご相談ください。

選ばれる理由と他社サービス比較
選ばれる理由と他社サービス比較
基幹システムのノウハウを活かしBtoB専用に開発したECです。5000社以上の企業間取引ノウハウで、業種・業界に合わせた柔軟なカスタマイズが可能です。

BtoB EC推進統括本部

松岡 憲二(マツオカ ケンジ)

ベンチャー系ECベンダーにてセールスプランナー、ECコンサルタント、事業責任者として十数年従事した後、株式会社アイルに入社。大規模ECサイトからASPカート利用のスタートアップサイトまで様々な種類のサイト構築を経験。BtoCとBtoB、両方のノウハウを併せ持つことが強み。

CASE STUDY

導入事例

導入されたお客様の具体的な課題や解決方法、導入後の成果など詳しくお話いただきました。

SOLUTION

よくある課題

BUSINESS

業種別

CONTACT お気軽にお問合せ下さい
0120-356-932

[受付時間]10:00〜12:00 / 13:00〜17:30(土日祝除く)

資料請求・お問合せ お問合せフォーム
オンライン提案 Web会議での相談も承っています。 申込みフォームへ

お役立ち情報|BtoB ECサイト構築・Web受発注システム「アラジンEC」
5000社以上のBtoBノウハウで企業間の受発注業務に特化した貴社専用のECを構築することが可能です。受発注業務の効率化・コスト削減・販売促進など様々なシーンでご利用いただけるBtoB ECサイト構築・Web受発注システムです。